2022,3,29ムスカリ咲く

 アーモンドの花が咲き、櫻も咲き出しました。春本番です
仏塔の後ろ側のけや木の根元で「ムスカリ」も満開になりました。
写真のムスカリは早咲きの種類です。花弁の先が白くなっていますね カ・ワ・イ・イ
ヒヤシンスとは近縁でユリ科ムスカリ属です。1月30日と2月6日の誕生花です

 このムスカリは、なんとなんと 約6万年前のネアンデルタール人が埋葬されていたお墓の遺跡に供えられていて、世界最古の埋葬花なんですって  すごい  

 ムスカリの語源は、ギリシャ語の「じゃ香(ムスク)」で、今のムスカリもほのかに良い香りがしますが、原種は芳醇な香りを持っていたようです。
 花言葉は、「絶望」「失望」「失意」 埋葬花ですものね。でも、悲しみの象徴でもあるし、その悲しみを癒す願いも込められていて、もう一つの花言葉は「明るい未来」です。

 そしてまた別の花言葉は「通じ合う心」「寛大な心」
チューリップをはじめとする春のどんな花とも相性がよく、自己主張することなく、あくまでも他の花の引き立て役になり、他の花の主張を受け入れる、名わき役のお花です。

 6万年前のネアンデルタール人も花を愛でる豊かな心を持ち、仲間を悼みお墓にお花を供えていたなんて…すばらしいですね
 まだまだ続くロシアのウクライナ侵攻で、今マリウポリが壮絶な戦いをしているようです。
ウクライナの人々にもロシアの人々にもたくさんの死者がでているんでしょうか…
ムスカリが満開になって悼んでいます

                                   hanahana