2023,2,3梅咲く2023,2,3ボケ蕾

今日は、2月3日節分です

豆まきに恵方巻き 恵方巻きが流行り出して節分も華やかになりましたね
グルメやバエることが先行して楽しむだけのイベントになりがちなので、
本来の節分の意味や願いをちょっと見てみました

「節分」という言葉は、字の通り、立春・立夏・立秋・立冬の季節を分ける前日のことです。
これは、現在使われている太陽暦でなく陰暦なので、大晦日も新年も少々異なります

発祥は大陸で、平安時代に追儺(ついな)という行事として行われるようになったらしく、大晦日(陰暦なので今頃のこと)に宮中で、陰陽師を迎えて一年の厄や災難を祓い清める行事があったそうです。
江戸時代には行われなくなったそうですが、庶民に豆をまいて無病息災を願う「節分」が広まったそうです

なぜ「豆」をまくのか

古来より日本人は「言霊」の存在を信じています。
「豆=魔目(鬼の目)」を「炒る=射る」で厄払いを願いました。
また、豆は五穀(米・麦・ひえ・あわ・豆)の象徴であり、農耕民族の日本人はこれらに神が宿ると信じ、無病息災をその貴重な物をまくことで願ったのだそうです
身近な穀物だったのでしょうか?
北日本や九州では落花生をまくところもあるんですって

神事なので、前日に、炒った豆を枡に入れて神棚にお供えしておくのが正式なのだそうです
炒った豆を使うのは、芽が出ないようにするため。
食べれないからと思ったんですが、そうでなく
「芽」が出ると「凶事が起こる」と昔の人は大層恐れたそうです。
今の昔も変わらず、災害や戦と庶民は戦っていたんですね。

もう立春ですね。鐘つき堂の袂の梅やボケの花が咲きだしました
まだまだ寒さが厳しいですね
暖かい春が待ち遠しいですね

                                     hanahana