去る9月6日、ナムのひろば・サンガホールで、第16回「仏教落語かれっじ」が行われました。大型で強い台風が九州西岸を通過する中で実施したので、参加者が少ないのではないかと心配しましたが、コロナ対策で間隔を空けた座席がほぼ埋まるほどにお越しいただき、有り難く思いました。ほとんど演じられることがなかった「借家怪談」について、その噺の背景を紐解く中で、「陰に籠った」丑三つ時の鐘について解説させていただきました。幽霊の話なども、興味をもたれたようです。もちろん本題の実演を林家染左さんがオリジナルに演じていただき、久しぶりに皆さんの笑顔を見ることができました。
ありがとうございます!(※台風で被害を被られた方がたにはお見舞い申し上げます)IMG_3117IMG_3115

IMG_3152